k41531

Syncthing

ファイルを同期するためのアプリケーション。
P2P技術を利用するので、Dropboxのようなクラウドクラウドストレージサービスにデータを保存したり、Nextcloudをホスティングする必要がない。

インストール方法

Mac

brew install syncthing

ArchLinux

sudo pacman -S syncthing

実行

   syncthing

以下のURLが開く、ここで設定ができる。

http://127.0.0.1:8384

同期デバイス

RemoteDevicesに同期するデバイスを追加する。

同じネットワーク環境にいるときは、もう一方のデバイスが表示されるので選択するだけで設定できます。

また、同一ネットワークにないときは、Actions > ShowIDでデバイスIDが見れるので、それを追加します。

同期フォルダ

Add Folderで同期したいフォルダーを追加します。フォルダー名は任意ですが、フォルダーIDは共有するデバイス間で同一のものにしなければなりません。また、フォルダーパスで同期したいフォルダのパスを設定します。

同期フォルダの共有

同期デバイスの編集を押し、共有タブで共有したいフォルダーの設定ができます。同期したいフォルダーにチェックを入れて、保存をすれば同期してくれます。

自動起動

毎回Syncthingと打つのは大変なので、サービスとして登録する。

Mac

brew service start syncthing

Archlinux(Bash,Zsh)

sudo systemctl enable syncthing@${USER}.service

ただ、自分はFishを使っているので、

sudo systemctl enable syncthing@$USER.service