k41531

ArchLinuxで日本語を入力するための設定

あらかじめ日本語フォントをインストールしておく必要があります。

pacman -S otf-ipafont

fcitxが定番ですがメンテナンスモードに入っているので、後継のfctix5をつかいます。
また、fctixはインプットメソッドフレームワークなので、それぞれの言語に合わせたインプットメソッドエンジンをインストールする必要があります。今回はmozcを使うためにfcitx-mozcをインストールしました。

pacman -S fcitx5 fcitx5-mozc fcitx5-qt fcitx5-gtk fcitx5-config-qt

fctix-qtfctix-gtkはGUI環境で問題なく動かせるようにするためのもので、もしかしたら必要ないかもしれません。
fcitx-config-qtfcitx5-configtoolを起動するときに必要だとエラーが出たので入れています。

fctix5を起動してから設定画面を開きます。

fcitx5 &
fcitx5-configtool

Input Method タブのAvailable Input MethodからCurrent Input Methodの方にMozcを移動させる。

Applyボタンで設定を適用すると使えるようになります。

自動起動

私の環境はopenboxなので、openboxのautostartファイルに以下のように追記しました。

fcitx5 &

自動起動の設定をした後にログインし直すと、ctrl+spaceで入力を切り替え得ることができるようになりました。

ただ、私が使っているAlacrittyではctrl+spaceが効かなかったので、ArchLinuxWikiに書かれていた次の設定もちゃんとする必要がありました。

インプットメソッドモジュールの環境変数の設定

/etc/environmentを編集し、以下の行を追加します。

GTK_IM_MODULE=fcitx5 QT_IM_MODULE=fcitx5 XMODIFIERS=@im=fcitx5